寝てはいけない部屋

何年か前、大晦日に

友達と遊んでから朝帰りして、

自分の部屋で寝てました。

 

そしたら、夢とわかってる夢を見たんです。

 

どのようなものかというと、家に帰る途中に、

電信柱や壁やらのあちらこちらに

「いのちをたいせつにしよう」や、

「こうかいさきにたたず」など、

半紙に筆書したものがペタペタ貼ってある。

 

というものなんですけれど、

まわりには誰一人歩いていません。

 

道のあちらこちらに

血のようなものが飛び散っていて、

不気味な夢だなあ~と、

思いながら歩いてました。

 

そして家に近づいたときに

母親に起こされて目が覚めたんですけれど、

母親はすっごく怖い顔で

「この部屋で寝るな」って言うんです。

 

「なんで?」って聞いたら、

「今、ここの上の部屋(集合住宅)

仏様がいるから」と言うので、

なんか気持ち悪い夢見たのはそのせい?

と思っていました。

 

その後、おせちを食べていたら父親が、

「飛び降り自殺だったからなあー」

とボヤいてました。

 

そのときは本気でゾッとしました。

 

あの人は、飛び降りてから

後悔したのでしょうか?

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ