我が家で起こった霊障騒動

家

 

父は憑依体質というか、毎晩のように唸される人だった。

 

対して、母は呪(まじな)い師の家系だったからか、そういうのを跳ね除ける人だった。

 

なので父が唸されても、母が胸の辺りをペシッとすれば収まっていた。

 

大雨が続いた秋頃だったと思う。

 

ある夜から父が尋常ではない唸され方をするようになった。

 

金縛りに遭い、家中に響くような大きな声で唸る。

 

半月ぐらい経った頃、金縛りに遭った父がふと横を見ると、そこには白装束の老婆があちらを向いて横たわっていた。

 

いよいよ見えるようになってきた父は、日に日にやつれていく。

 

そんなある夜、凄まじい唸り声が父の寝室から聞こえた・・・。

スポンサーリンク

父に取り憑いていたものとは

起きていた私は寝室のドアを開けようとしたが、頭の中で警報というのか、「開けるな!」という声を聞いたような気がして、慌てて風呂場にいた母を呼びに行った。

 

母はすぐに出てきて、寝室のドアを開けた。

 

その瞬間、私は「見てはいけない!」と反射的に顔を背けた。

 

父は白目を剥いて悶(もだ)えていたらしい。

 

母が頬を張って叩き起こすと、真っ青ながらも正気に戻ったようだ。

 

翌朝に父は、「寝室のタンスのガラス戸から、あの老婆がぬう~と出てくる夢を見た」と、震えながら語った。

 

当時、私はキョンシーのグッズはまっており、御札に”悪霊退散”と書いて念を込め、そのタンスのガラス戸と窓の方に貼った。

 

次の日、父は久し振りに唸らなかった。

 

しかし次の夜、最大の恐怖がやってくる。

 

父は寝ていながらも、家全体の事が見えたらしい。

 

寝室の外から老婆が入って来ようとしていた。

 

しかし、その位置には御札がある。

 

タンスのガラス戸からも入れないようだった。

 

そこでトイレ側の窓をぬっと通り抜けると、物凄いスピードで寝室の戸をすり抜けて父のいる方へ。

 

その夜、かつてないほどの凄まじい父の叫びが響き渡った。

 

いよいよ尋常ではないと、”何でも見える”という、この地方の言葉では『ほっしゃどん』と呼ばれる霊能力者に見てもらうことになった。

 

その方は、確かに父に老婆が憑いていると言い、なんとその老婆の名前を口にした。

 

父はその名前に覚えがあった。

 

昔近所に住んでいたおばさんで、小さい頃の父を色々と可愛がってくれていたそう。

 

ほっしゃどんが言うには、「あなたに救いを求めている。墓を見てみなさい」と。

 

翌日、親戚の方に了承をもらい、墓を見に行った。

 

墓の中で遺骨は骨壷に入っておらず、ただばら撒かれ、長雨のせいで水に浸っていた。

 

なぜそんな状態だったのか。

 

老婆には子供や旦那などがいなかった。

 

つまり、一人きりだった。

 

なので亡くなった時、一番近い親族のTが葬儀をしたのだが、Tは骨壷すら惜しんだ。

 

この親族Tは有名な守銭奴で、老婆の財産なども根こそぎ騙し取ったり、酷い事をしていたそうだ。

 

※守銭奴(しゅせんど)

金銭に異常な執着を持つ人のこと。ケチな人。

 

墓の手入れは別の親戚に頼み、その帰りに父と母はTの家付近に寄ってこう言ったそうだ。

 

「自分に頼られてもどうしようもない。恨むならこのTさんを恨んで下さい」

 

翌日から、父の霊障はなくなった。

 

数ヶ月後、Tは脳溢血で倒れて半身不随となり、その後まもなく亡くなった。

 

私たち家族は因果応報の怖さを噛み締め、長かった恐怖が終わった事を感じた。

 

どうやら父は、なまじ霊感があったせいで頼られたようだった。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ