荷物置き場用に部屋を借りたのだが

アパート

 

自宅兼事務所で自営しているが、仕事関係の荷物を置くスペースがなくなってきたので部屋を借りることにした。

 

完全に荷物置き場になるが、倉庫ではなく普通のアパートの一室を借りた。

 

手続きも済み、真新しい鍵を貰った。

 

アパートは可愛らしい外観のロフト付きで、借りた部屋は2階。

 

ワンフロアが2部屋の2階建て、それが2棟ある計8部屋のアパートで、大家は他県住み。

 

隣は空室で、なんとも静かに作業が出来そうな空間だった。

 

だが、初めのうちは頻繁に通っていたが、次第に荷物置き場に向かうのが面倒になり、荷物を多めに持ち帰って自宅に保管するという無駄部屋と化していった。

スポンサーリンク

お姉さん出ていった方がいいっすよ

そんなある日、借りた部屋で珍しく作業するかと向かうと、部屋の最奥にある窓シャッターが半分引き出されていた。

 

横から出すタイプなのだが、壊れて出てきたのか?と、押したり引いたりしてみたが、びくともしない。

 

ほとんど部屋を使用していないのに・・・と修理代を請求される事を恐れつつ、管理会社に電話した。

 

すぐに直してくれるとの事で、業者の方を派遣してくれ一安心し待っている間、トイレにでもとドアを開けると便座が上がっていた。

 

私は女性である・・・。

 

確か以前にも一度便座が上がっていて、「お化け?怖っ」と思った事があった。

 

再度の便座上がりに不安な気持ちになり、たった今部屋に入ってきた時の状況を思い返した。

 

このアパートは玄関を開けるとトイレやキッチンの空間の先にドアがあり、そのドアを開けて部屋があるという間取りなのだが、私は玄関を開けて真っ先に、昼間なのに暗い部屋と半分引き出されていたシャッターを見ていた。

 

私には”退室する際はドアを閉める”という癖があるので、もちろん前回最後に退室した時もきちんとドアは閉めて出て来ているはずだ。

 

もしそうなら、部屋の最奥にある窓シャッターは見えるはずがない。

 

同居人がいる気がして気持ち悪くなり、郵便ポストに入りっ放しだった電気やガスの請求書を確認してみたが、特に高いという金額でもない。

 

勘違いか・・・と考えだしていたところで、業者さんが到着した。

 

若い兄ちゃん2人に窓シャッターを修理してもらっている間、トイレの事やこの窓シャッターの経緯を話してみた。

 

すると2人は黙り込んでから、「クビになるから絶対に秘密にして欲しい」と付け加え、こう教えてくれた。

 

自分らの会社はアパートの修理や引っ越しの際の畳張り替え、鍵交換を不動産屋から請け負っている。

 

だが本当は鍵の交換はしておらず、前の住人もその前の住人も鍵が返却されたらそのまま次に渡している。

 

合鍵があったり複数持ちがいても、返却数は決まっているから退室する住人に問わない。

 

危ないからお姉さん出ていった方がいいっすよ、と。

 

鍵の交換費も払ったのに、こういう事があるとは・・・。

 

不動産屋とグルなのか、それとも業者が最低なのか分からないが、とりあえず即退去した。

 

教えてくれた2人に悪い気がして、管理会社には言っておくべきだったのに話せなかった。

 

これからもずっと続く、さらには全国的にありえる鍵交換なしの入居にほんのり怖い。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ