転んだ先にあった異世界

小学校低学年の夏休み直前。

 

ミノル(仮名)の学校では、

避難訓練が行われていました。

 

「ジリリリリリリ・・・」

 

響き渡る非常ベルの中、

非難を開始する生徒たち。

 

自分のクラスの教室を出て右に曲がり、

隣のクラスを過ぎると階段に出ます。

 

そして、階段の手前には、

通路を完全にふさぐ防火扉がありました。

 

「ジリリリリリリ・・・」

 

その大きな防火扉は、

訓練のため閉められています。

 

その扉自体の端にある、

小さな扉を通って非難するのだが、

ミノルの不思議な体験は、

そこで起こりました。

 

避難訓練といえども、

低学年の子供。

 

ちょっとしたお祭みたいなもので、

騒いで押したり突付いたり。

 

後ろを歩く生徒に押され、

ミノルはその小さな扉の下枠に躓いて

転んでしまったのです。

 

「ジリリリリリリ・・・」

 

転んだミノルが恥ずかしげに

頭を上げたそのとき、

あれだけうるさかったベルの音が

止みました。

 

防火扉を越え、

階段へと向かっていた生徒たちが

消えてしまったのです。

 

廊下にはミノル一人。

何の音もしない廊下。

 

驚いたミノルは辺りを見回し、

そして階段の中二階にある

踊り場に目をやると・・・

 

無表情な男の子が

じっとミノルを見ているのです。

 

(誰・・?)

 

そう思った瞬間、

まるで津波が押し寄せるように

ベルの音、足音、騒ぎ声、

そして生徒たちの姿が

再び廊下に戻ってきたのです。

 

転んでからその間、

ほんの数秒。

 

「なにコケてんねん、ミノルぅ~!」

 

何事も無かったかのように、

転んだことにツッコむクラスメイト。

 

ミノルは何も言えず、ただただ座り込んで

動けないままだったそうです。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ