深夜3時に鳴った電話

嫁さんの実家であった話。

 

嫁さんは一人っ子で、

実家は親夫婦二人で住んでる。

 

ある日、夜中の3時くらいに

電話が鳴ったそうだ。

 

義母さんがベルの音で起きたので

電話に出たそうなんだけど。

 

電話の向こうから、

女のすすり泣く声が・・・。

 

義母さんは娘(嫁さん)からの

電話だと思い 、

 

「▲▲(嫁の名前)

どうしたの?何かあったの?」

と話しかけると、

 

「眠れないの、怖くて眠れないの、

怖いの、助けて」と。

 

「え?なに?どうしたの?

○○(俺の名前)いないの?」 

義母さんがそう言うと、

 

「怖くて眠れないから今から行くね」

と言って電話が切れ、

義母さんは焦って義父さんを起こした。

 

その事を話すと、

娘に電話かけてみようという事になって

ウチに電話がかかってきた。

 

当然、

ウチらは3時過ぎなんて夢の中で、

嫁さんの実家からの電話で起こされた。

 

俺が電話に出たんだけど、

義父さんが、

「おい、▲▲いるか?何があった!」

って少しキレ気味で言うから、

こっちがビビッた。

 

もちろん、嫁はそんな電話していない。

(夢遊病でもなければ)

 

その後、30分ぐらいは

義両親さん達は起きてたみたいだが、

誰も来なかったので寝てしまったらしい。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ