本屋で立ち読みをしていたら隣に・・・

本屋

 

これは、昨日あった話だ。

 

本屋で立ち読みをしていたら、隣にひょろっとした感じの男が来た。

 

隣といっても、間に3~4人は入れるくらいの間隔。

 

横目でその男をちらっと見ると、本を手に取ることもなく棚の本をじっと見つめている。

 

何か変な感じはしたが、気にしないでまた読むのを続けていたら、その男がボソボソと何やら独り言を始めた。

 

たまにいる立ち読みで音読する系か?と、少し気になってまたちらっと横目で見ると、相変わらず本は持っていないし、棚のある正面を向いたままだった。

 

そして俺は、その男の喋っている内容に注意を向けてみた。

 

すると、俺が読んでいた本の、まさに開いているページを一言一句、写真に添えられているキャプションまで正確に読み上げていた。

 

その瞬間、俺は一気に全身がゾワゾワっと震え、慌てて読んでいた本を置いて店から逃げ出した。

 

その男はあらかじめ本の内容を暗記していたとは思うのだが、かなり怖かった。

 

ちなみに、俺が読んでいたのはデジカメのガイド本だった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ