異界 1/4

大学もバイトも、

何もイベントのない日。

 

昼寝から起きると、

時刻は午後五時になろうとしていた。

 

携帯を見ると、

一通のメールが届いている。

 

知り合いからだ。

 

その人とは、大学一年の時に

ボランティアを通じて知り合った。

 

メールもボランティアメンバー全員に

宛てたものだった。

 

メールの内容は、

 

『○○公園のソメイヨシノが開花したよ』

 

という、

ちょっとしたお知らせ。

 

大きく拡大した桜の花びらの

写真も添えてある。

 

四月四日のことだった。

 

僕の家の近くには、

 

桜の名所として全国的にも

それなりに有名な公園がある。

 

標高二百メートルくらいの

小さな山の山頂にある公園で、

 

山には桜並木の他に、

 

広いグラウンド、

美術館、

寺、

展望台、

 

また山頂に繋がるロープウェイもあり、

 

地元の人はそれら全てをひっくるめて

○○公園と呼んでいた。

 

休日となると観光客も訪れ、

 

春には花見客が地面に敷く

ブルーシートで公園中が青くなる。

 

そんなにぎやかな場所だった。

 

夕食の食材を買いに行くついでに

桜を見に行こう。

 

そう思い立った僕は、

 

簡単に身支度を済ませて

原付に跨った。

 

山に沿って建てられた住宅街から

カーブの多い山道を上り、

 

○○公園へ。

 

いつもは子供たちが

野球の練習をしている

 

公園敷地内のグラウンドの端に、

原付を停めた。

 

風はなく、

上着は必要なさそうだ。

 

僕は公園全体をぐるりと

一周するつもりで歩きだした。

 

散歩コースとしても、

この公園は中々良い。

 

事実、

平日の夕方にも関わらず、

 

何人か犬を連れて散歩する人や、

ジョギングをしている人とすれ違った。

 

道の脇に植えられた桜は、

見たところ二分咲きほど。

 

開花したと言っても

まだ蕾の方が多い。

 

それでも、人は居ないが

屋台のテントを三つほど見かけたり、

 

大学生らしき若者たちが数人、

 

ベンチのある広場に集まって

お酒を飲みながら騒いでいたりと、

 

花見シーズンがもうそこまで

来ているのだと感じさせる。

 

僕はだらだらと歩き、

立ち止まっては桜を見上げ、

 

また歩く。

 

桜並木から少し離れ、

右手にグラウンドが見える坂を下る。

 

左手に、今はもう誰も住んでいないだろう

廃屋の横を通り過ぎた時だった。

 

廃屋の向こう側に道がある。

 

立て札があり、

 

『○○墓地入口』

 

と書かれている。

 

この辺りに墓地があることは

知っていた。

 

けれど、その墓地へと続く

道の脇には、

 

もう一つの道があった。

 

おや、と思う。

知らない道だ。

 

ちょっと覗いてみる。

林の中へ分け入る道。

 

舗装はされておらず、

 

折れた木の枝などが

所々に落ちていて、

 

頻繁に人が使っている

わけではなさそうだ。

 

人とすれ違うのにも、

 

骨が要りそうなほど

細い道が蛇行しながら、

 

こちらから見れば

下向きに伸びている。

 

どこに繋がっているのかは

分からなかった。

 

どうせ暇だから来たんだしと思い、

僕はその道を下りてみることにした。

 

知らない道を行くのは、

 

何だか冒険をしているようで

ワクワクする。

 

顔面に蜘蛛の巣の特攻を

受けながら少し進むと、

 

木々の隙間、

眼下に、

 

僕が原付で上って来た側の

住宅地が見えた。

 

帰りがけに寄ろうと思っていた

デパートの看板も見える。

 

あの辺りに出るのかと思いながら、

もう少し歩を進める。

 

すると、

前方に分かれ道があった。

 

下っている右の道と、

若干上りになっている左の道。

 

どちらかと言えば右の方が

ちゃんとした道に見えたので、

 

僕は右の下りる道を選んだ。

 

思った通り、その道は

デパート近くの住宅地に出た。

 

傍らにはお坊さんを彫ってある

大きな岩があって、

 

その横の朽ちかけた立て札は、

 

『思索の道。この先○○寺』

 

と辛うじて読める。

 

来た道を逆に、

分かれ道まで戻る。

 

さて、どうしようか。

 

結局、

僕は来た道は選ばず、

 

まだ行ってない方の道へと

進むことにした。

 

小さな山だ。

 

きっとどこか知った道に

合流するだろうと、

 

そう思っていた。

 

この時、僕はまだ好奇心に

支配されていた。

 

それから少し歩くと、

 

道のすぐ傍らに

一匹の痩せた犬が横たわっていた。

 

歩を止める。

ぴくりとも動かない。

 

しばらく見やって、

死んでいるのだと知った。

 

小バエが数匹、

辺りを飛び回っていた。

 

毛並みは茶色。

 

腐敗はそこまで進んでいない

ようだったが、

 

耳の根元が黒ずんでおり、

眼球がなくなっているのが分かった。

 

そこからハエが体内に

出たり入ったりしている。

 

どうして、こんなところで

死んでいるのだろう。

 

(続く)異界 2/4へ

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ