怪物 「起」 1/5

小石

 

京介さんから聞いた話だ。

 

怖い夢を見ていた気がする。

 

薄っすらと目を開けて、

シーツの白さにまた目を閉じる。

 

鳥の鳴き声が聞こえない。

 

息を吐いてベッドから体を起こす。

 

静かな朝だ。

 

どんな夢だっただろうと思い出しながら、

記憶を辿ろうとする。

 

すると、

 

『スズメは魂を見ることができる』

 

という話がふと頭に浮かんだ。

 

どこかの国の伝承で、

 

スズメは生まれてくる前の人間の魂を

見ることができるという。

 

朝、スズメがさえずるのは、

 

その生まれてくる魂に

反応しているのだと。

 

その魂がやってくる場所が

空っぽになっていると、

 

魂を持たない子どもが生まれて来る。

 

そんな子どもが生まれる朝には、

スズメはさえずらない。

 

だから、

 

スズメの声の聞こえない朝は、

不吉さの象徴だ。

 

カーテンを開けると、

 

2階の窓から見える家並みは

いつもと変わらない姿で、

 

慌しい一日の始まりの息吹が

そこかしこに満ちている。

 

そう言えば、

今日は何曜日だっただろう。

 

目を閉じて一秒数えたら、

 

他愛もなくありふれた土曜日の朝

でありますように。

 

その日。

 

つまり、

憂鬱なる月曜日。

 

学校への通学路の途中、

道行く人々の群れの中でふと足を止めた。

 

視覚でも、聴覚でも、嗅覚でもなく、

 

まだどれにも分かれない未分化の感覚が、

街の微かな違和感をとらえた気がした。

 

私にぶつかりそうになったサラリーマンが、

舌打ちをしながら袖を掠めていく。

 

色とりどりのたくさんの靴が、

それぞれのステップで私を追い越していく。

 

その雑踏の中で私はギギギギギ・・・という、

古い家具が軋むような音を聞いた気がした。

 

うごめき続ける人間の群れの中で、

身を固くする。

 

夏が一瞬で終わったような肌寒さを

感じた気がした。

 

アスファルトから立ち上る、

降りもしない雨の匂いを嗅いだ気がした。

 

けれど、

 

そのどれもが幻だということも、

また同時に感じた。

 

なにか本質的なものが、

 

それらのヴェールの向こうに

潜んでいるような、

 

得体の知れない嫌悪感が

身体にまとわりついてくる。

 

道端のゴミ捨て場に集まっていた

カラスが鳴いた。

 

一羽が鳴くと、

 

他のカラスたちにも伝播するように、

鳴き声が波のように広がる。

 

傍を通る何人かの人間がそちらを見た。

 

その声は、

求愛でも縄張りを主張するものでもなく、

 

ただ『何かを警戒せよ』という、

緊迫した響きを持っている気がした。

 

けれど、

 

誰もそれに必要以上の関心を示さず、

足を止める人はいない。

 

私もまた、

 

形にならないどこか遠くにあるような

不安感を胸に抱きながら、

 

それを振り払い、

学校への道を急ぐのだった。

 

何かがこの街に起こりつつある。

 

はっきりそう感じたのは次の日。

 

火曜日の学校の昼休みだった。

 

「わたし、昨日怖い夢見た~」

 

昼のお弁当を早々に食べ終わり、

 

どこか涼しいところで昼寝でもしようかと

立ち上がりかけた時に、

 

そんな言葉を耳にした。

 

教室の真ん中あたりで机を4つ並べて、

お昼ご飯を食べているグループだった。

 

その言葉に反応したのは、

なにか理由があったわけではない。

 

いわばカンだ。

 

けれどその子の次の言葉を聞いた瞬間、

私の中で何かがカチリと音を立てた。

 

「でもなんか~、

どんな夢だったか忘れちゃった」

 

その音は鍵穴が立てる音なのか、

 

それとも時計の針が

綺麗な数字を指した音なのか。

 

私はドッドッドッ・・・と、

 

少しずつ早くなる鼓動を

じっと聴いていた。

 

「なんで忘れたのに

怖い夢って分かんのよ」

 

「そういや、そっか~」

 

他愛のない会話が続き、

 

彼女たちの話題は何の引っ掛かりもなく、

見る間に変わっていった。

 

昨日・怖い・夢を・見た・

どんな・夢か・忘れた・けど

 

その言葉を私は今朝も聞いた。

 

確かに聞いた。

 

既視感ではない。

 

※既視感(きしかん)

俗に言うデジャブのこと。

 

あれは歩いて登校する時の、

 

通勤ラッシュでごった返す

人の群れの中だった。

 

誰が話していたのか、

顔も見ていない。

 

ただその時、

私は思ったのだ。

 

『そういえば私もだな』

 

今、まるで同じ言葉を耳にして、

 

私の中の動物的本能が、

不吉なものを察知した。

 

立ち上がり、教室を出る。

 

外の空気が吸いたい。

 

廊下を上履きが叩く音が二重に聞こえた。

 

誰かがついてくる懐かしい音。

 

でも、

 

私の行く後をいつもついて来ていた子は、

今は学校を休んでいる。

 

近々転校するのだと人づてに聞いた。

 

小さな針が胸の内側をつつく感じ。

 

「山中さん」

 

という声に振り向くと、

目立たない顔立ちの小柄な子が立っている。

 

高野志保という名前のクラスメイトだ。

 

少し前に、ある事件で関わってから、

妙に懐かれてしまっていた。

 

良い気分ではない。

 

私は出来るだけ一人でいたい。

 

「あの・・・私も見たよ。

昨日。怖い夢。

 

占いとか得意なんだよね。

山中さん。

 

ちょっと占ってくれないかな」

 

私は立ち止まり、

顔を突き出した。

 

「急いでるんだ。また今度ね」

 

「あ、うん。ごめん」

 

踵を返してその場を立ち去る。

 

ああ。嫌なヤツだ。

 

軽い自己嫌悪に苛まれながら、

私は急いだ。

 

どこに?

 

どこか、人のいないところに。

 

(続く)怪物 「起」 2/5

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ