怪物 「承」 4/4

エキドナ

 

その日の放課後、

私は市内の図書館に足を運んだ。

 

始めは、どこかでおかしなことが

起きてはいないかと、

 

街中を散策していたが、

なにも起きるような気配はないし、

 

そもそも目星もなく歩き回るのは、

無駄な労力だと思い至ったのだ。

 

変わりに、

 

間崎京子が出した謎の答えを

探りたかった。

 

答えを見つけたとしても、

なんの意味もないのかも知れないが、

 

要は白旗をあっさりと揚げるにも、

 

私のささやかな自尊心が

それを許してくれないのだった。

 

図書館に着くと、

 

私は必要な資料を片っ端から

書棚から引き抜いて来て、

 

テーブル席に陣を張る。

 

まず私は、

オルトロスという怪物を調べた。

 

こいつだけ、

よく知らない名前だったからだ。

 

資料によると、

 

オルトロスはケルベロスの弟で、

首の二つある犬の姿をしているらしい。

 

オルトロス

(オルトロス)

 

兄は三つ首。

 

弟は二つ首か。

 

その下の弟がいれば、

首は一つだろうかと考える。

 

首が一つの犬だとしたら、

それではただの犬だな。

 

苦笑して図鑑を閉じる。

 

犬か。

 

スキュラの下半身も犬だったな。

 

そう思いながら別の本を開く。

 

スキュラは上半身が女性で、

 

下半身に6体の犬が生えている

挿絵付きで説明されている。

 

近くにあったヒュドラについての

図説も確認した後、

 

ケルベロスの項を開く。

 

ケルベロスは三つ首の魔犬

と紹介されているが、

 

竜の尾を持っているとも書いてあった。

 

なんだ、

 

ケルベロスも2種類以上の生物で構成された、

合成獣としての要素を持っているじゃないか。

 

いやしかし、

ヒュドラにはそんな記述はない。

 

別の本を何冊か開いたが、

 

やはりヒュドラは多頭の蛇という以外に、

別の生物の要素を持ってはないようだ。

 

分からない。

 

共通点はなんだ?

 

イライラして、

机をトントンと指先で叩く。

 

向かいの席で参考書を所狭しと

広げている学生が、

 

睨みつけてくる。

 

反射的に睨み返すと、

 

学生は驚いた様子であっさりと

目を逸らす。

 

勝った。

 

少し気を良くして、

スフィンクスに関する本の頁を開く。

 

ピラミッドのそばに鎮座している、

 

王の顔にライオンの身体という

見慣れた姿ではなく、

 

女性の顔と胸、

 

そしてライオンの胴体に鷲の翼を生やした、

怪物の挿絵が目に入った。

 

スフィンクス

(スフィンクス)

 

おや?と思って詳しく説明を読むが、

 

ギリシャ神話に出てくるスフィンクスは、

こういうものらしい。

 

例の4本2本3本と移り変わる

足の謎かけは、

 

このスフィンクスがオイディプスに対して

問いかけた、

 

というエピソードに基づくようだ。

 

なんとなく子どもの頃からのイメージで、

砂漠を旅する人に、

 

あの石で出来たスフィンクスが、

謎かけを挑んで来るように思っていたが、

 

違ったらしい。

 

そう考えると、

 

おぼろげながら共通点が

見えた気がする。

 

スフィンクス、キマイラ、スキュラ、

ヒュドラ、ケルベロス、オルトロスと、

 

全てギリシャ神話に登場することになるのだ。

 

だがそんな大雑把な共通点が

分かったところで、

 

焦点がぼけ過ぎてなにも見えてこない。

 

もう一度それぞれの説明を読み返す。

 

いくつか同じ固有名詞が出てきている。

 

同じ英雄に倒されたのかとも思ったが、

 

ヘラクレスが3匹ほどやっつけているものの、

あとは別の英雄の仕事だった。

 

しかし、すぐに別の固有名詞が、

重複して出てくることに気づく。

 

『ケルベロスは、

テュポーンとエキドナの子である』

 

『キマイラは、

テュポンとエキドナの娘であり、

 

ペガサスを駆るベレロポンに退治された』

 

・・・etc.

 

どれも巨人テュポンと、

下半身が蛇の女の怪物エキドナが、

 

作った子どもたちばかりなのだ。

 

スキュラをその両者の子とするのは

異説のようだが、

 

確かにそんな解説をする本もあった。

 

だが、

スフィンクスの解説で手が止まる。

 

スフィンクスは、

テュポンとエキドナの娘とする説もあるが、

 

エキドナが我が子オルトロスとの間に

作った娘である、

 

とする説の方が一般的なようだ。

 

私は本を閉じ、背中を反らせて、

図書館の高い天井を見上げた。

 

そこから導き出される共通点は、

こうだ。

 

『6体の怪物は全て、

エキドナから生まれた』

 

エキドナ

(エキドナ)

 

これが答えだろう、

間崎京子。

 

紙をめくる乾いた音が、

周囲から響いている。

 

深いもやがかかっていた頭が、

ほんの少しだけクリアになった気がする。

 

『共通点を探してみてね』

 

と、あの時あいつは言った。

 

そして、その謎掛けの答えから、

あの女のメッセージが浮かび上がってくる。

 

氷細工のような顔の口元が、

イメージの中で滑らかに動き、

 

私はそれを読み取る。

 

『エキドナを探せ』

 

溜息をついた。

 

なんて回りくどいんだ。

 

あの女に次会った時には、

なんとかして殴ってみようと思った。

 

その時、

 

静かだった館内に、

ちょっとした騒ぎが起こった。

 

立ち上がって駆け寄ると、

 

私がさっきまで本を漁ってた書棚から

大量の本が落下して、

 

床にぶちまけられている。

 

近くにいたらしいパーマ頭の

おばさんが狼狽して、

 

自分じゃないとしきりに訴えている。

 

※狼狽(ろうばい)

うろたえ騒ぐこと。あわてふためくこと。

 

係りの人間が飛んで来て、

本を拾い始めた。

 

その人の「いい加減にしてくださいよ」

という、

 

誰にぶつけていいのか分からないような

うんざりした声を、

 

私は確かに耳にした。

 

(終)

次の話・・・「怪物 「転」 1/5

原作者ウニさんのページ(pixiv)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ