小さかった娘が描いていた恐ろしい絵

絵を描く女の子

 

もうだいぶ昔の話だが・・・

 

まだ小かったうちの娘が、

いつものように絵を描いていた。

 

絵を描くのが好きだから、

別に何でもない事だとその時は思った。

 

すると突然、『パァン!』と、

蛍光灯が弾け飛んだ。

 

びっくりして急いで娘を

部屋から出したのだが、

 

その描いていた絵というのが、

 

幾何学模様や見た事も無いような漢字を

羅列しているものだったんだ。

 

あまりにも怪しいので、

神社にそれを持って行ったら、

 

「その子は、とても恐ろしいモノを

呼び出そうとしていた」

 

とか何とか言われた。

 

怖くて詳細は聞けなかったが。

 

家に帰って娘と話をすると、

 

「じいちゃんにもらった本」

 

と言って、

 

糸で綴じてあった恐ろしく古い本を

見せられた。

 

中には、

 

娘が書いていたような絵(御札?)

たくさん描かれていて、

 

漢文で説明書きらしきものがしてあった。

 

これも神社に持って行くと、

住職は蒼白な顔で、

 

「また後日、連絡します」

 

とだけ言う。

 

数日後、

別の大きな神社に呼ばれて行くと、

 

なにやら凄く偉そうな人が出てきて、

 

「この本は燃やしてはいけない。

海に捨てる」

 

というようなことを言われ、

同行するよう求められた。

 

行き先は、東北のとある場所。

 

始めは冗談じゃねえよと思ったけれど、

放っておくのも・・・と思い、行った。

 

よくわからない儀式が終わって、

海に件の本を流した後、

 

一番偉そうな人が、

 

「もし、この類の本をまた見つけたら、

絶対に持って来い」

 

と言う。

 

もしかしたらまだまだあるかも知れない、

とも言われた。

 

その半年後に実家へ帰り、

 

怖かったが勇気を出して父親に、

本の事を尋ねた。

 

すると、「知らない」と言われてしまい、

それ以上の追求は出来ずじまい。

 

その日の夜中。

 

トイレに行こうと居間の横を通ると、

両親の話し声が聞こえてきた。

 

『○○(娘)も成功させることが

出来んかったなぁ。

 

あの歳ならまだ・・・(云々)

 

『うちの家系も、

もうお終いかも知れないねぇ』

 

・・・だって。

 

特に覚えているのはこのくらい。

 

なんにせよ、

両親は何か隠しているなと確信した。

 

その後、自分の家に戻り、

しばらく経ったある日、

 

両親が心中した。

 

異様な現場だったと聞いた。

 

二人で包丁を互いの胸に

突き刺していたらしい。

 

部屋には見た事も無いほどの

大きな紙が敷かれ、

 

その紙には娘があの時に描いていた

絵のようなものがあった。

 

警察にそれを見せられた時は、

背筋が凍りついた。

 

葬式の時もかなり悲しかったが、

その事が頭から離れなかった。

 

後日、

その紙も神社に処分してもらった。

 

この時は葬式とか何やらの後で、

付いて行く気にはならなかった。

 

そして、

最近になって娘が何故か、

 

「じいちゃんたちの家で暮らす」

 

と言い出した。

 

家は遺言で今も定期的に

手入れはされているが、

 

なんで突然?

 

正直、

こんな事を突然言い出されると怖い。

 

住まわせていいものかどうか・・・

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ