空き地に集まっている年寄りたち

小学6年の時、

O線のY駅近くに住んでいた。

 

俺は学校からの帰り道(夕方)

いつものコースを一人家に向かっていた。

 

駅前の商店街を歩いている時だった。

 

線路沿いに並ぶ商店の一画に、

以前から空き地があった。

 

20坪くらいの三角形の土地だ。

 

両隣には商店が続いていて、

そこだけポッカリ空いている。

 

そこに、おじいさんやおばあさんが

何十人と集まっている。

 

20坪の土地にビッシリと、

身動き出来ないくらいいる。

 

俺は、なんかの集会かなぁと思った。

 

しばらく眺めながら通り過ぎたが、

ふと、あんなに人がいるのに

声が何も聞こえなかったなぁと思い、

振り返ると誰もいなかった。

 

「ええーっ!?」って感じだった。

 

考えてみれば、バラ線で囲まれて

人が入れないようにしてあるわけだし。

 

今でもあの光景は目に焼き付いている。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。

ピックアップ③

アクセスランキング

このページの先頭へ