同窓会の案内を教えてくれた友人

僕が今年の夏に経験した話です。

 

田舎に帰るかどしようか迷っていた頃、

ヨッシーから電話がありました。

 

「何年も戻ってないけど、どうしてるん?

今年の同窓会には参加しないの?

今年は盛大にやるから先生たちも

同級生も、ほとんどみんな出てくるんだ。

幹事のミエも、お前に連絡がつかないと

ぼやいていたぞ。電話してやってくれ」

そんな内容だった。

 

ミエの電話番号を聞いて、

彼女に連絡して、

今年の同窓会に出席することにした。

 

同窓会に出席すると、

同級生や先生達の懐かしい顔があった。

 

25年目ぶりなので、

ほとんど顔と名前が一致しなくて

みんなに怒られたり、

呆れられたり、

「相変わらず失礼なやつだなぁ」

と仲の良かった先生にも笑われた。

 

しかし、その中にヨッシーはいなかった。

 

幹事にそのことを聞くと、

「ヨッシーって誰?」

と聞き返された。

 

確かにそのあだ名と顔は

思いされるのだが、

名前は、苗字も下の名前も

思い出せなかった。

 

他の誰に聞いてもわからなかった。

 

そして、僕に電話をかけた人間は

誰もいなかった。

 

幹事のミエも、

そういえば他のみんなには葉書で

出席の確認を取っていたので、

自宅の電話番号しか教えていない。

 

携帯に直接かけてきたのは

あなただけだったのでビックリした、

と言っていた。

 

その場の空気が悪くなりそうだったので

それ以上、話を広げなかったが、

誰も嘘を言っている感じではなかった。

 

2次会でまたそのことが話題になった。

 

誰もヨッシーを思い出せなかったし、

後輩や両親、

兄貴にまで電話をかけてみたけど

誰も知らなかった。

 

僕に同窓会を教えてくれた友人は、

誰もいなかった。

 

ただ、母親がヨッシーらしき友人を

覚えていた。

 

一度、汚れた古本を

誕生日のプレゼントだと言って

持って帰ってきたことがあった。

 

あんまり熱心に読んでいるので

捨てろとは言い出せなかったらしい。

 

プレゼントにゴミ箱から拾ってきたような

古汚いものを渡すとは、

変な友達だなぁと思ったので

良く覚えているとの話だった。

 

タニグチが、リダイヤルか何か残ってないか?

と聞いてきた。

 

携帯の着信は10件保存されるので、

あまり使っていない僕の携帯には、

彼の電話番号が残っていても

おかしくはない。

 

調べてみると、

確かにそれらしい番号があった。

 

リダイヤルを押すと、

いきなり扉の向こうで、

携帯の着信音らしきものが

鳴り出した。

 

友人の何人かが飛び出し、

扉を開けたが、誰もいなかった。

 

その瞬間、僕の携帯が

いきなり電池が切れてしまった。

(それ以来、壊れてしまった)

 

みんな怖くなって、

2次会は早々に切り上げることになった。

 

そして先日、

ヨッシーからのメールが届いた。

 

「そのうち、そっちに遊びに行くから

その時は泊めてくれよな」

と書かれてあった。

 

返事はまだ書いていない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ