静かにしなければいけなかった彼氏の家

家

 

私は大学生になったばかりの頃、彼氏の家へ何度か寄った。

 

乗り継ぎの駅と駅の間にあったその家。

 

外壁が少し黄色くて、2階建てだった。

 

玄関を入ると大きなキッチンがあり、真ん中に8人で掛けられるテーブルが置かれていた。

 

私が「おじゃましま・・・」と言いかけると、「しっ、声出すな!」と彼氏に咎められた。

 

彼氏の家に行くのはいつも夜だったせいか、キッチンは必ず電気が消えていて人が居たことはなかった。

 

左に階段があり、途中で右に折れて2階へ続いていた。

 

彼氏の部屋は2階にあった。

 

2階の廊下も薄暗く、彼氏の部屋は明るかったが、「あんま音立てるなよ」と、やけに神経質だった。

 

その家に何回くらい行っただろうか。

 

あまりにも「静かに(怒)」と強要されるから私は少しイラついて、ある日の帰りにキッチンの端にぬいぐるみを置いてきた

 

私が少し先に1階へ降ろされた時、彼氏の目を盗んで。

 

彼氏は気がつかなかったようだった。

 

彼氏はなんとなく私の存在を家人へ知られたくない感じだったので、私はひっそりと自己主張したくなってみた。

 

すると、次の日から彼氏と連絡が取れなくなった。

 

乗り継ぎ駅と言っても、もともとそんなに行く用事の多い駅ではなかったから、すぐには行かなかった。

 

1週間以上経った頃、久しぶりに彼氏の家を訪ねてみたら、その家自体が無くなっていた

 

それからもう随分になるが、彼氏とは今も連絡が取れていない。

 

何だったんだろうか・・・。

 

私には不可解な体験だった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “静かにしなければいけなかった彼氏の家”

  1. 匿名 より:

    音をたててはいけない→家族に彼女の存在を知られたくない
    とはならんでしょ。

    この女…何か隠してるな?

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ