山の中国人に目を付けられたジイサン

山

 

これは、うちのジイサンの話だが、聞いたのは親父からだ。

 

ジイサンの住んでいた実家は北陸の方だが、場所はちょっと勘弁してほしい。

 

ジイサンが40代の頃、自分の持ち山に入って山菜採りをしていた。

 

そして夕方になって青い顔をして帰って来るや、履物を脱ぐなり「山の中国人に目を付けられた!」と言った。

 

しかし、家の者は誰もその意味が分からなかった。

スポンサーリンク

ジイサンの身に何が起きていたのか

その地方には、山に中国人が住んでいるという言い伝えのようなものはなく、見た人もいなかった。

 

また、外国人が住んでいるような所ではなかった。

 

だが、ジイサンは若い頃に台湾にいたことがあり、それと何か関係があるのかもしれないと親父は思ったそうだ。

 

翌日からジイサンは藁葺きの家の戸締まりを厳重にし、常に山刀を持ち歩くようになった。

 

それに、外出を避けるようになったが、これは田仕事があるので出ないわけにもいかない。

 

それでも日が落ちてからは外出しないし、なるべく人と連れ立って歩くようになり、山には絶対に行かなかった。

 

2週間くらいが経った頃、家の田んぼに立てていたカカシに赤黒い液体がかけられている、ということがあった。

 

ジイサンが見つけたのだが、液体が田んぼの中にまで流れ込んで凄い量だったらしい。

 

獣か人間の血なのだろう、とジイサンは言っていたそうだ。

 

このことがあってジイサンの精神状態はかなり悪化し、夜中に飛び起きては包丁を振り回す、ということまであったそうだ。

 

それからまたしばらくして、朝に外へ出てみると、家の表戸に大量の血がかけられているということがあった。

 

見つけたのは子供だった親父で、文字は読めなかったが、血で汚れた戸には漢字だけで書かれた護符のようなものが貼られていたという。

 

親父はすぐにジイサンに知らせ、ジイサンは様子を見るなり、意を決したように竹竿の先に包丁を縛り付けた手製の槍を持って、家族が止めるのも聞かずに握り飯を背負って山に入って行ったそうだ。

 

しかし、その日は夜になってもジイサンが帰って来ないので、家の者が村役に知らせ、翌日に村の若者達による大々的な捜索があった。

 

うちの持ち山では見つからなかったが、遅くなってから近くの谷の渓流沿いで、大木に縛り付けられて死んでいるジイサンが見つかった

 

足だけが上の方の幹に縛られた逆吊りで、鋭利な刃物で内蔵がすっかり抜かれていたという。

 

そしてその木の周りには、紙の護符がたくさん散らばっていたんだそうだ。

 

もちろん、村の駐在で事足りる話ではなく、県の警察が来て調べ始めた。

 

家族は一連のことについて色々と聞かれたが、全く手がかりはなく犯人は捕まらなかった。

 

当時の新聞にも載った事件だという。

 

親父はその後成人して『山の中国人』についてかなり調べたらしいが、分かったことは俺に教えてくれなかった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ