カッパは眠り込んだ人を操って…

河童

 

これは、友人の話。

 

彼の実家は山中の村なのだが、そこに里帰りすると必ず奇妙な体験をするらしい。

 

帰郷した翌日に目を覚ましてみると、起き上がることが出来ないというのだ。

 

腰が抜けたかのように、まったく力が入らない。

 

前日は大した運動もしていないはずなのに、至る部位に筋肉痛も感じる。

 

実家の人間に言わせると、「夜中にカッパと相撲を取ったのだろう」という。

 

カッパは眠り込んだ人を操れるそうで、意識のなくなった人を寝床から外に誘い出して一晩中相撲を取って楽しむのだとか。

 

友人は偶にしか帰って来ないので、カッパたちも懐かしくて嬉しくて、ついつい相撲を取りまくってしまうのだろう。

 

家人は、そう笑っていた。

 

「カッパに知り合いはいないんだけど、家の者が言うには、この辺のカッパは村の住民一人一人を皆覚えているっていうんだ。

 

別に眠るのを待たなくても相撲くらい付き合ってやるのになぁ。

 

あぁ…でも、やっぱり一晩ぶっ続けってのは勘弁して欲しいかなぁ」

 

友人は、どこかしら困った顔でそう言っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ