廃屋の玄関にぽつんと立つ郵便ポスト

郵便ポスト

 

これは、友人の体験話。

 

一人で冬の山を歩いている時のこと。

 

人などとても住まないような山奥で、廃屋を見つけたのだという。

 

廃屋といっても、もう基礎しか残っておらず、どんな家屋だったかは分からない。

 

「なんでこんな辺鄙(へんぴ)な場所に?」

 

疑問に思い、辺りをうろついたそうだ。

 

すると、玄関と思しき辺りに、赤茶けた『郵便ポスト』がぽつんと立っていた。

 

奇妙なことに、ポストの中は郵便物で満杯になっている。

 

特に、新聞はどれも新しく、彼は思わず引き出して見た。

 

日付が今日のものになっていた。

 

彼の通りがかる数時間前に、誰かこの廃ポストに新聞を配達した者がいる。

 

彼は急に落ち着かない気持ちになり、足早に立ち去ったのだそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

CAPTCHA


スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2022年7月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

【特集】過去の年間ランキング

(2020年1月~12月)に投稿した話の中で、閲覧数の多かったものを厳選して『20話』ピックアップ!
【特集】2020年・怖い話ランキング20
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
アクセスランキング

このページの先頭へ