とある交番での若手巡査連続拳銃自殺

 

2007年12月13日午前6時頃、

栃木県益子町の交番の2階仮眠室で、

 

この交番に勤務する

同署地域課の巡査(23)が、

 

腹部から血を流して死亡しているのを

同僚の巡査部長(59)が発見した。

 

畳の上に拳銃が落ちており、

枕元には、

 

「迷惑かけてすいません

拳銃で自殺したことごめんなさい」

 

というボールペンの走り書きがあった。

 

巡査は寝たまま撃ったとみられ、

 

弾丸はへその脇から体を貫通、

畳にめり込んだ状態だった。

 

死因は失血死。

 

巡査と巡査部長の二人は、

 

13日午前2時に仮眠を終えて、

警らに出る予定だった。

 

しかし、

 

巡査が「腹の調子が悪い」と申し出たため、

巡査部長は一人では警ら出来ないことから、

 

午前3時25分頃、

 

真岡署の当直勤務を応援するため

交番を出ていた。

 

<3か月後>

 

2008年2月10日午後5時頃、

栃木県益子町の交番の2階トイレで、

 

同交番で勤務中だった巡査長(27)

右側頭部を拳銃で撃って自殺しているのを、

 

同僚の巡査部長(60)が発見した。

 

2階トイレ内には、

 

「自分は弱い人間です。

生きていくことに疲れました」

 

と書かれたメモが残されていた。

 

自殺した巡査長は、

2006年3月から同交番で勤務。

 

昨年11月から、家庭内の悩みを

上司(巡査部長)に相談していたという。

 

(終)

解説

これは実際にあった事件である。

 

この交番では3ヶ月の間に、

二人も拳銃で自殺している。

 

また、類似点もいくつかある。

 

「同じ交番」

「交番の二階で自殺」

「自殺者は共に20代」

「銃を使って自殺」

「メモが残されている」

「発見者は同じ巡査部長」

 

この交番には何かあるのだろうか・・・。

 

スポンサーリンク

One Response to “とある交番での若手巡査連続拳銃自殺”

  1. 素人 より:

    イジメじゃないか?
    発見者が同じ巡査部長だし

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ