童謡「一年生になったら」の噂

 

 

一年生になったら

一年生になったら

ともだち100人 できるかな

 

100人で 食べたいな

富士山の上で おにぎりを

パックン パックン パックンと

 

(終)

解説

昔からある歌なのだが、

よくよく見てみると、

 

「100人で食べたいな」

 

と書かれている。

 

つまり、誰か一人が

あぶれているのだ。

 

「(友達)100人で食べたいな」

 

の(友達)部分が

省略されているとしても、

 

それなら「(友達)100人と食べたいな」

になるはず。

 

さらに深読みすると、

引率の先生が数に入っていない。

 

本当なら「自分+先生+友達100人」

になるはずなのだ。

 

無粋だが、深読みしてみると

面白いというか怖いというか・・・。

 

2番と3番の歌詞はこちら

一年生になったら
一年生になったら
ともだち100人 できるかな
100人で かけたいな
日本中を ひとまわり
ドッシン ドッシン ドッシンと

一年生になったら
一年生になったら
ともだち100人 できるかな
100人で 笑いたい
世界中を ふるわせて
ワッハハ ワッハハ ワッハッハ

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ