いじめられっ子の女子高生が

マユミという名の女子高生が、

学校に向かって歩いていました。

 

いつもと同じ時間に、

いつもの道を、

 

いつもと同じ速さで

歩いて行く。

 

すると、ふと目の前に、

同じ学校の制服が見えた。

 

近づいていくと、それは

同じクラスの生徒で、

 

しかも、

 

いつもイジメられている

女の子だ。

 

クラス全員が、

彼女をイジメていた。

 

先生もイジメを知りながら、

見て見ぬふりをしていた。

 

女子校なので、

結構エグイことをする。

 

無視をする時もあれば、

 

使用済みの生理用品を

机の上に置いたり・・・

 

なんてこともあった。

 

マユミちゃんも、

 

特に彼女を憎らしいと

思ったことはなかったが、

 

自分だけイジメをしない

わけにもいかず、

 

周りに合わせて無視したり、

酷いことを言ったりしていた。

 

いじめられっ子の彼女に

だんだん近づいていくと、

 

とっても嬉しそうな顔を

しているのが見えた。

 

幸せそうな笑顔で

飛び跳ねている。

 

マユミちゃんはその姿を

不思議に思いながらも、

 

彼女のすぐ近くまで来た。

 

彼女はマンホールの上で

跳ねていた。

 

とっても幸せそうな顔をして、

そしてなぜか、

 

「きゅっ、きゅっ、きゅっ・・・」

 

と言っている。

 

「何してるの?」

 

尋ねてみた。

 

しかし、

彼女は返事をせずに、

 

「きゅっ、きゅっ、きゅっ・・・」

 

と言いながら跳ねている。

 

「無視してんじゃないよ!」

 

今度は口調を強めて言った。

 

しかし、

彼女は返事をしないで、

 

相変わらず同じことを

続けている。

 

今まで特別に彼女を

憎らしく思っていなかったが、

 

嬉しそうに、しかも、

自分を無視したことで、

 

何か急に、

 

とてつもなく強い感情が

湧き起こってきた。

 

しかし、

それを抑え込んで、

 

「なんで、そんなこと

してんのよ?」

 

もう一度、尋ねた。

 

それでも、彼女は何も

聞こえないみたいに、

 

嬉しそうに跳ねている。

 

ここにきて、

マユミちゃんの中で、

 

今までと違った感情が

生まれた。

 

ひょっとしたら・・・

 

マンホールの上で何かを言いながら

跳ねるということは、

 

とっても楽しいことでは

ないのか?

 

そんなことを思った。

 

バカらしいとは考えつつも、

 

微かにそんな思いが

頭の中をよぎった。

 

複雑な思いに

戸惑いを感じながらも、

 

マンホールの上で

楽しそうに跳ねる、

 

彼女の邪魔をしたくなった。

 

いじめられっ子の彼女が、

 

なんでこんな楽しそうに

しているの?

 

何か納得出来ない。

 

そんな感情に身を任せ、

 

「ちょっと退きなさい!

私がやるから!」

 

そう言って、強引に

彼女を押し退け、

 

マンホールの上に立った。

 

足を僅かに曲げ、

 

少し腰を低くしてから

思いっきり上に跳び上がる。

 

その瞬間、

隣に押し退けられた彼女が、

 

渾身の力で素早く

マンホールの蓋を取った。

 

マユミちゃんは真っ直ぐ

マンホールの下に落ちていく。

 

彼女は蓋を閉めて、

 

とっても幸せそうな顔で

再びその上でジャンプした。

 

今度は、「十、十、十・・・」

と言い始めた。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ