高校でいじめられていた女の子のその後

画廊

 

高校時代の話。

 

その頃、

 

クラスにはいじめられている

女の子(山下・仮)がいました。

 

山下はとても美しかったのですが、

社交的ではなく友達もおらず、

 

休み時間は図書館やトイレなどに

行ったりしていました。

 

そのため、

特に女子からは、

 

「あの子、変だよね」

「キモいね」

「犯罪デモしてるんじゃないの」

 

等など言われていました。

 

最後にはクラス中がなんとなく

いじめを始めました。

 

教師に対しても無愛想だったため、

 

教師からも嫌われ、

不適格者と思われていました。

 

それでも山下は言い返すこともなく、

ただ下を向いているだけでした。

 

卒業を迎えた時、

みんな大学や専門へ進学しました。

 

しかし山下は、

進学もしませんでした。

 

それから1~2年が経った頃、

 

同級生が山下を時々街で

見かけるようになりましたが、

 

何をしているのかも分からず、

やはり下を向いて歩いていました。

 

現場仕事などをしていた、

などの噂もあった。

 

「将来ヤバイよね」

「相変わらずキモいね」

 

などと言われていました。

 

ある時、同級生3人が、

 

山下の後をつけてみようと、

面白半分で尾行を始めました。

 

5分ほど歩いた時です。

 

山下はその地区では有名な

画廊に入っていきました。

 

尾行をしていた三人組みも

中に入っていきました。

 

入ると三人はとても驚きました。

 

彼女の名前が大きくポスターになって

正面に飾ってあったのです。

 

顔を見合わせていると、

画廊のオーナーが奥から現れて、

 

「どうぞ見ていってください」

 

と言われ、

仕方なく入っていくと、

 

前衛的な彫刻や絵画が

飾ってありました。

 

全てに彼女の名前がついていました。

 

その時、

山下が奥から現れました。

 

とても美しく、

笑顔を浮かべていました。

 

三人組みは山下の笑顔に安心して、

覚えてる?などと話し掛けました。

 

すると彼女は、

 

「もちろん覚えてる。

あなたたちに見せたい絵がある」

 

と言い、

奥に招きました。

 

そこには、

二畳ほどの大きな絵がありました。

 

三人組みは彼女の知り合いであることを

誇らしく思いました。

 

しかし、よく見てみると、

そこには自分たちが描かれていました。

 

クラス全員と教師などもいました。

 

その顔は悪意に満ちて醜態を晒しており、

見ていて恐怖を感じました。

 

そこへ画廊のオーナーが現れ、

 

「この絵は関係者からとても評判が良く、

国際展に推薦することになったのよ」

 

と言いました。

 

その絵を書いた彼女を見ると、

満面の笑みを浮かべて・・・

 

「ありがとう。

あなたたちのおかげです」

 

と言いました。

 

三人組みは怖くなり、

画廊から逃げ帰りました。

 

その後、

 

その絵は様々なメディアを通して

世界中に晒され、

 

その絵の書かれたエピソードと共に、

美術史に刻まれました。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ