男性の霊の障りは右側に出る

人影

 

十数年前に、母方の叔父が病気で亡くなった。

 

部活で足を怪我していた俺は、叔父の49日の法要には出席できなかった。

 

これは、その法要から帰ってきた母から聞いた話になる。

 

法要で集まったみんなの近況を聞いていると、妙に怪我人が多いことに気がついた。

 

伯母Aは、仕事中の事故で右腕を骨折していた。

 

従兄弟(伯母Bの息子)は、学校でふざけて右目に怪我をしていた。

 

伯母Cは、やかんのお湯で右手にヤケドをしていた。

 

従兄妹(伯母Dの娘)は、右耳が難聴だった。

 

不思議な事に、何故かみんな身体の右側にばかり異常が起きていた。

 

そういや俺の怪我も右足だった。

 

喪主の挨拶をした義叔母(叔父の奥さん)が、「今日まで毎日泣き続けていました。『幽霊でもいいから帰ってきて』と、ずっとお祈りしていたんです。でも49日で成仏してしまうんですよね。これからもっと寂しくなります・・・」などと言い出した。

 

それを聞いたお坊さんがやんわりと義叔母をたしなめてくれて、なんとか法要は無事に済んだ。

 

後で母らがお坊さんに聞いてみたところ、「男性の霊の障りは右側に出る」との事だった。

 

また、最近の親族の怪我人の多さは、義叔母の事が心配で成仏できなかった叔父が、親族のみんなにその事を訴えていたからではないか、と。

 

親族一同は改めて叔父の冥福を祈ったという。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ