我が家に起こっている生首騒動

扉が開いた棚

 

まだ俺が学生だった頃の話。

 

俺の部屋のベットの前には

観音開きの棚があるのだが、

 

ある日、うっかり閉め忘れた。

 

夜、ベットに入った後に

気付いたのだが、

 

もう眠いし・・・

という理由で放っておくことに。

 

「これで棚の上に生首なんかが

乗ってたら怖いよな(笑)

 

などと思いながら、

ふと棚を見た俺は固まった。

 

想像が現実となった・・・

 

棚のちょうど真ん中あたりに、

 

青白い男の首が乗っかって

俺を見つめている。

 

数秒後、

にやりと笑ってそれは消えた。

 

翌日。

 

今度はしっかりと扉を閉めて寝た、

・・・はずだった。

 

棚の中からゴソゴソガサガサと音がする。

 

もちろん、

棚の中には動く物は入っていない。

 

やがて扉がゆっくりと開き、

「あいつ」が姿を現した。

 

こちらを無表情に青白い目で見つめる。

 

そしてにやりと笑って消える・・・

 

そんな事が何日も続いた頃、

あることに気付いた。

 

毎回、姿を現す度に、

俺の方に近づいているのだ!

 

いい加減、頭にきた俺は、

扉に御札を貼り、南京錠を掛けた。

 

その日の夜、

またあいつが現れた。

 

棚の中でゴソゴソと動き回り、

跳ね回る。

 

しかし、

 

鍵が掛けてあるので、

扉を開けることが出来ない。

 

すると、

今度は扉をドンドンと叩き始めた。

 

次第に音が段々と大きくなり、

終いには扉が揺れだした。

 

その時、

俺の後ろで怒鳴り声がした。

 

「こらぁ!

俺の子供に何するか!

 

とっとと出てけ!!」

 

もちろん親父の声ではない。

 

しかし、

 

その声が聞こえたと同時に、

扉を叩く音がぴたりと止んだ。

 

翌日、

 

信じてもらえないと分かっていながら、

家族に話をしてみた。

 

当然というべきか、

信じてもらえなかった。

 

が、姉を除いては・・・

 

実は、姉も以前に

あの部屋を使っていて、

 

見ていたというのだ。

 

数日後、

神社の人に御祓いをしてもらった。

 

宮司さんにそのことを話したら、

 

「その怒鳴り声というのは、

君のご先祖様じゃないのかな。

 

きっと守ってくれたんだな」

 

と言われた。

 

その日からあの生首のあいつを、

俺も姉も見ていない。

 

・・・ただ、

今度は両親が見だしたようで、

 

夜な夜な寝室の方からは

二人の悲鳴が聞こえてくる。

 

(終)

スポンサーリンク

One Response to “我が家に起こっている生首騒動”

  1. にゃんころ より:

    祓ってもらえよwww

コメントを残す


気が向けば一押し応援していってください(*´∀人)♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ ←ブログランキング参加中
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ