事故の真実と虚偽

A子と彼氏のB男、友人で同じく

カップルのC子とD男の4人で、

初日は車で山小屋まで行き、

一泊してから登山する計画だった。

 

全員で行きたかったが、

彼氏のB男は用事があるため、

バイクで遅れて山小屋に着くことになった。

 

A子はD男の運転する車に

C子と一緒に乗り、

B男よりも一足先に山小屋へ向かって

山道を登っていた。

 

最初のうちは二人と話をして

盛り上がっていたが、

ついウトウトして眠ってしまった・・・。

 

気がつくと、もう山小屋だった。

どうやら寝てしまったらしい。

 

体を起こして辺りを見回すと、

C子とD男が真剣な面持ちで立っていた。

 

「どうしたの?」

 

二人の異常な雰囲気に

A子は問いかけた。

 

「A子、気をしっかり持ってくれよ。

実はな、さっき警察から連絡があって

バイクで途中まで来ていたB男が

山道から落ちて死んだらしい」

 

「そんな・・・」

A子は絶句した。

 

自分の一番大切な彼が、

事故で死んでしまうなんて・・・。

 

ショックを受けたままA子は、

ひとり膝を抱えて塞ぎこんでいた。

 

そして夜、山小屋のドアが

乱暴にノックされた。

 

「おい!A子開けてくれ!」

B男の声だ!

 

A子は開けようとしたが、

C子とD男が引きとめた。

 

「だめだA子、B男は死んでいるんだぞ!

きっと幽霊だろう。

君を連れて行こうとしているんだ。

絶対にドアを開けちゃいけない!」

 

二人は強い口調でA子を諭した。

しかし、ドアをノックする音はさらに続いた。

 

「たのむ!A子いるんだろ!?

開けてくれお願いだ!」

 

B男の声が聞こえる。

B男を見たい、もう一度会いたい・・・。

 

A子は二人の制止を振り切って、

そのドアを開けた。

 

彼の待っているドアを・・・。

 

次の瞬間、景色が変わった。

白い天井が見える。

 

そして、目を赤くはらした

B男の顔が見えた。

 

「A子・・よかった。本当によかった・・・」

B男はそういってA子を抱きしめた。

 

訳のわからないでいるA子に、

B男は事情を語り始めた。

 

それによると、事故に遭ったのは

A子とC子、そしてD男の3人。

 

D男の車の方で崖から転落して、

A子は一晩病院のベッドで

生死の境をさまよっていたという。

 

「C子とD男は死んだよ。即死だったってさ。」

 

B男はぽつりと言った。

 

A子が先ほど見たことを話すと一言、

「あいつらも寂しかったんだろうなあ。

おまえを連れて行こうとしたのかもしれない」

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “事故の真実と虚偽”

  1. 通りすがりの名無し より:

    どっかで似たようなの読んだ。

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ