生涯行ってはいけない寺 2/2

車道

前回までの話はこちら

叔母が訝っていることを見抜くように、

車は急にスピードを上げた。

 

※訝しむ(いぶかしむ)

不審に思う。疑う。

 

目を見開き真っ直ぐに前を見る夫。

 

「ねえ、どうしたの?

ちょっとスピード出し過ぎじゃない?」

 

と言うも返事がない。

 

・・・おかしい。

 

いつもは夫へ口出ししない叔母も、

 

内心では息子への想いと

●●寺への不安がせめぎ合い、

 

少しずつ焦り始めた。

 

車の先に『↑ ●●寺』の看板が再び。

 

距離からして後10~20分も行けば

●●寺へ着くだろう。

 

「ねえ、ちょっと、

病院こっちの道でいいの?」

 

夫からの返事はない。

 

もしかして夫は正気ではないのかしら・・・

 

ねえ、ちょっと!と夫の肩を揺する。

うるさい!と跳ね除ける夫。

 

「ねえ、どうしたの?変よあなた?」

 

叔母を無視するように車を飛ばす夫。

 

「車を止めて!

私はタクシーで行くわ!」

 

大きな声を出す叔母。

 

だが、夫は聞こえないように車を走らせる。

 

変だわ。

 

おかしい。

 

とにかく車を止めなければ。

 

そして一刻も早く病院へ向かわねば。

 

サイドブレーキを引けばいいのかしら?と、

運転席へ手を伸ばす妻。

 

「何するんだ!」

 

夫が大声で妻の手を払い除ける。

 

夫の大声でビクっと体を振るわせる叔母。

 

そして、夫の狂気を確信した。

 

スピードを増す車。

 

目前に『右 ●●寺/左 市街地』の看板。

 

「車を止めて!!」

 

叫ぶ叔母。

 

車は速度を緩めない。

 

夫は右にハンドルを切ろうと・・・

 

寸前、叔母はハンドルを掴んで

思い切り左に切った。

 

ブレーキを踏む夫。

 

車はスピンして、

分かれ道の角にギリギリ手前で止まった。

 

夫は目を見開いて、

狂気の表情で叔母を睨(にら)む。

 

そして、

叔母の首めがけて手を伸ばす。

 

身の危険を感じて、

車を降りようとする叔母。

 

シートベルトを外そうとする手を掴まれ、

強い力で引き寄せられた。

 

顔の狂気は凄みを増し、

両肩を凄い力で掴まれた叔母。

 

ああ、やはり・・・

●●寺へ近づくべきではなかった。

 

あの老看護婦さんの言われた通りだったのか、

と観念しかかった時、

 

夫が「ごめんな」と一言。

 

次の瞬間、

強烈な張り手が叔母の顔に飛んだ。

 

続けざまに2~3発。

 

「おい!しっかりしろ!」

 

朦朧としている叔母は、

「こ、殺される・・・助けて・・・」と。

 

「何言ってんだ!起きろ!

お前正気か?」

 

意識が晴れてくる叔母。

 

眼前には心配そうな夫の顔が。

 

「あなた、正気に戻ったの?」

 

「・・・お前こそ!

 

電話かけてきた時から

様子が変だとは思ってたけど、

 

どうしたんだ一体?

 

お前は車を出して暫くしたら

寝だしたんだぞ。

 

暫くすると起きて、

息子の無事を祈願に●●寺へ行こうだとか、

 

ここら辺は来たことがないから

少し観光して行きたいだとか言い出して、

 

『何言ってるんだ!

先ず息子の迎えが先だ!』

 

と言ったら怒り出して。

 

今度は車を止めろだとか、

タクシー拾って●●寺へ行くだとか言い出して。

 

運転の邪魔までしだして!

 

・・・挙句、

 

分かれ道のところで無理やり

●●寺の方へハンドル切って!

 

ブレーキが間に合わなければ

俺たち死んでたぞ!!」

 

呆然とする叔母。

 

今まで自覚してきた事と全く逆だ。

 

でもそう言われると、

 

自分は車に乗った頃からの道すがらを

あまり覚えていない。

 

とにかく今は落ち着いて、

 

急いで外科病院へ向かおう、

息子が待っている、と。

 

病院への道すがら、

叔母は夫へ老看護婦の言葉を教えた。

 

夫は驚き、

妙な話もあるものだと訝ったが、

 

それ以上は取り合わなかった。

 

息子は、遠足で行った公園にある、

城跡の石垣から落ちた。

 

頭を10針近くも縫う怪我だったが、

幸い後遺症もなく、今でも元気。

 

その城跡は、

 

●●寺へ奉られる武将のお城だったことが

後で分かった。

 

さらに、最初の学校側からの連絡は

担任の先生だけからで、

 

教頭先生から叔母への電話は

かけられていなかったことも・・・

 

叔母の家も含め、うちの一家は、

未だに●●寺へ行った事がない。

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ