そこへ絶対に入ってはいけないが・・・

禁足地

 

よくある話だが、俺の地元には『絶対に入ってはいけない』という場所がある。

 

そこは森を抜ける県道の近くにあって、県道からは見えないが、道から逸れて森に入れば5分もしないで辿り着ける。

 

入ろうと思えば簡単に入れるが、入る気がなければまず入らないような、そんな場所だ。

 

広さは5メートル四方程度で、注連縄(しめなわ)で囲まれている。

 

ちなみに、中学校では誰もがその場所を知っていたが、高校では知らない奴もいた。

 

しかし、そこはどういう訳で禁足地になったのか?、入るとどうなるのか?という由来が全くない。

 

俺は物心がついた時から親や祖父母に、「そこに入ってはならない」と耳にタコができるほど言われてきた。

 

同じことを家族親戚のみならず、近所の人や友達の家族や先生からも聞かされたことがある。

 

だが今までに、なぜそこに入ってはいけないのかを説明されたことは一度もなかった。

 

それで、禁足地の由来が気になって中学生の時に調べてみたことがあるのだが、結果は惨敗だった。

スポンサーリンク

今では俺が子供に言い聞かせている

クラスメイトには全員に聞いたし、そういう事を知ってそうな先輩や年配の先生にも聞いてみた。

 

今思うと、人見知りなのに良く頑張ったなと思う。

 

しかし、返ってきた答えは皆同じだった。

 

「絶対に入ってはいけないのは知っているが、理由は知らない」、と。

 

当時は「誰も知らないのか、ミステリアスだな」くらいにしか思わなかったが、今になって不気味に思うのは、「入ったことがある」とか「誰々がそこに入ってどうなった」、「○○学的には云々」といった体験談や説明だけでなく、「入るとこうなるらしい」とか「何々が関係しているのではないか」という噂や憶測、解釈の類の話すら全くないということだ。

 

他所から来た先生は同僚や地域の人から、「そこには絶対に入るな。生徒にもそう言い聞かせてくれ」と言われたらしいが、大の大人が理由も説明されずにそれを鵜呑みにするのもおかしな気がした。

 

子供にしても、ヤンチャな奴が禁を破ってそこに入ったとかなんとか、そういう噂くらい普通はあるのではないだろうか。

 

最近それがまた気になり始め、聞く人の層を広げてみたり、郷土資料を当たったり、色々と調べてみた。

 

自分でも、どうしてそんなにやる気が出たのか、というくらいだった。

 

同じ答えしか返って来ないのに、自分の時間を割いて見ず知らずの人を訪ねたり、ごねる公務員を説得して資料を出させたり、普段の俺からしたら狂気の沙汰だ。

 

そこまでしたのにというか、やはりというか、結果は中学生の頃と大して変わらなかった。

 

皆が口を揃えて、「絶対に入ってはいけないのは知っているが、理由は知らない」、そればかり。

 

俺の後ろにカンペを持った奴でもいるのかというくらい、そればかりだった。

 

資料の方も、地域史や地誌関係の本、地元の新聞などを調べたが、そこの事が記載されているものは発見できなかった。

 

触れてはいけない話題なのだろうかとも思ったが、本や新聞に書けない程の禁忌であるにしては、調べていて邪険にされるということもなかった。

 

ただ、収穫はあった。

 

子供の頃は考えつかなかったが、土地には必ず所有者がいて、注連縄についても必ずそれを設置した人物がいる。

 

そこを当たれば、少なくともいつ頃から禁足地とされていたのかくらいは分かるだろうと思い、役所に頼み込んでようやくそれを突き止めることが出来たのだ。

 

しかし、結果は期待したようなものではなかった。

 

まず、所有者は市だった。

 

そこらの森は元々誰が所有していたとかはなく入会地のようなもので、明治期に市町村の所有になったものだった。

 

次に、注連縄を張ったのは地域の神社の神主さんだった。

 

この人に聞けば何か分かるかもと思ったが、期待に反してその答えは、「絶対に入ってはいけない場所で、それと分かるように注連縄を張れ、と先代に言われた。それ以外の事は先代も知らないようだった」という、他の回答に「注連縄を張れと言われた」が追加されただけのものだった。

 

注連縄は、痛んだり切れたりしたのに気づいた時に張り直しているということで、それで何かを封じているというわけではなかった。

 

結局、この禁足地の由来については全く分からないままだ。

 

そして、今では俺が子供に言い聞かせている。

 

「そこには絶対に入るなよ」、と。

 

理由を聞かれても、もちろん答えることは出来ない。

 

なぜなら、俺もまた何も知らないからだ。

 

ずっと言われ続けたせいか、俺自身もそこには絶対に入ってはいけないと信じ込んでいるようだ。

 

現に、異様なやる気で調査はしても、真相に迫るためにもっと深く現地調査をしようという気には全くならない。

 

理由も事件も噂さえもなく、資料にも記されていない禁足地に、「絶対に入ってはいけない」ということだけがいつからか語り継がれている。

 

これは一体どういうことなのか。

 

こんな場所は他にも普通にあるのだろうか。

 

 

(終)

スポンサーリンク

コメントを残す


↓↓気が向けば下のアイコンを応援(タップorクリック)していってください♪
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ (ブログランキングに参加しています)
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ