海に飲み込まれた無縁仏が人を呼び入れている

浜辺

 

うちの爺さんの田舎は茨城なのだが、昔は土葬だったそうだ。

 

また、その頃の棺桶は樽のようなもので、遺体は体育座りにして入れられいたという。

 

その墓地は浜辺のすぐ後ろの雑木林にあった。

 

しかし、1960年の中頃から浜辺の浸食が始まり、波はどんどん墓地に近くなっていった。

 

ところが、誰一人として墓を何とかしようとは言い出さなかった。

スポンサーリンク

墓は高波に飲まれてしまう

その頃にはほとんどの家が新しい場所に墓を移していたので、浜辺のすぐ後ろの墓地は無縁仏だけが残される形となった。

 

無縁仏と言っても元からそうではなく、長い年月の間に血筋が途絶えてしまったのだろう。

 

移設の話が始まらないまま長い年月が経ち、潮が満ちると水にすっかり沈んでしまう墓も出てきた。

 

潮が引く時に土を一緒に持っていかれ、棺桶が露出する。

 

露出した棺桶の蓋は腐っていて、骨が見え始め、そして流され始めた。

 

そこの海は引きが強く、遠浅かと思えばいきなり深くなる。

 

少しでも沖へ出ると、潮の流れが強くて絶対に戻っては来れない。

 

なので、地元の人はそこでは絶対に泳がない。

 

とうとう骨が見え始めたので急いで対策を・・・などと言っている間に、台風が来てしまった。

 

墓は高波に飲まれ、全部海へ持っていかれてしまった。

 

それ以来、夜になると「お~い」と呼ぶ声が聞こえたり、何人もの人がボソボソと話す声が聞こえるようになった。

 

そうして、これはきっとあの無縁仏からだから供養しないと、という話に。

 

ちょうどその頃、サーファー達が穴場を探すのが流行り始めて、その浜も波が高いことから目を付けられた。

 

何も知らないサーファー達が来ては、沖へどんどん流されたり、何かに足を引っ張られて溺れかけたりと、事故が相次いで起きたそうだ。

 

危険なので『遊泳・サーフィン禁止』の札を立てるが、効果はなかった。

 

町では、“あの無縁仏が人を呼び入れているに違いない”という結論になり、もともと墓地があった場所に防波堤を造り、脚を高くした祠を建てて供養した。

 

供養した後、人の往来はどんどん減り、最近では滅多に見なくなったと従兄弟が言っていた。

 

今でこそ携帯電話の普及のお陰で、何か事故があった場合はそれぞれが110番に連絡するが、昔は海に近い家へ助けを求めに来ていた。

 

だが、波待ちの間に沖へ流されたら最後、もう自力では戻っては来れない。

 

これが一番多い事故だったそうだ。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ