まだ結核が死病だった戦前の話

結核菌

 

親戚から聞いた放置子にまつわる話。

 

それは、まだ結核が『死病』だった戦前での出来事。

 

ご近所に若夫婦と幼児がいて、家族全員が結核を患っていたそう。

 

病気で働けない若夫婦は子供が少しでも食べられるようにと、子供をご近所に放牧する。

 

そんな子供に来られるご近所は必死に断るが、若夫婦は毎日のように子供を寄こす。

 

病に感染するからその子供に寄ってはダメなのに、小さい子に「お腹が空いた・・・」と泣かれると、食べものを与える為につい近付いてしまう。

 

結果、その子供に寄られた家では結核感染者が出てしまい、ご近所では何人も亡くなってしまった。

 

お腹の空いた子供の面倒を見る善行をしたのに、親切が仇となってしまったと親戚は嘆いていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “まだ結核が死病だった戦前の話”

  1. 匿名 より:

    放牧って…

コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ