その声の主は一本の古い松の巨木だった

松の木

 

これは、知り合いの体験話。

 

彼が仕事で山に一人籠もっていた時のことだ。

 

焚き火の前に座っていると、何処からか「おーい」と呼ばわる声がした。

 

怪訝に思って声の主を探しに向かったところ、一本の古い松の巨木に行き当たる。

 

幹の表面がテラテラと光っており、そこから「おーい」という声が発していた。

 

「何だこりゃ、気味が悪い」

 

声を出す以上の怪異は起こっていなかったので、さっさとそこから逃げ出した。

スポンサーリンク

もうあの辺では野宿は出来ない

後で地元の老猟師に聞いたところ、長い年を経た松脂は化けることがあるそうで、怪しい光を発したり、声を上げて人を惑わしたりするという。

 

これがもっと歳月を重ねると、『ほごえ』と呼ばれる物の怪へ変じるのだと。

 

そうなると自力で動けるようになり、松の木から離れ歩き回るようになるらしい。

 

ほごえは動物を襲って喰らうとも言われているので、「もうその辺りでは野宿をしない方が良かろう」とも忠告されたそうだ。

 

そして、彼はこう話す。

 

「それからしばらく経ってからだけど・・・、その山でまた『おーい』と呼ぶ声が聞こえたんだ。やっぱり夜中のことでね。あの時の声とまったく同じ調子に思えた。さすがにもう声の主を探したりなんかしなかったよ。でも前の時とは様子が違っていて・・・」

 

その夜に聞こえた「おーい」という声は、彼の方へ段々と近づいてきたのだという。

 

「声が寄ってくるのに気が付いた時は本当に驚いてしまってね。正直なところを言うと、とても怖かった。夜の山を歩くのは嫌だったけど、火の始末をしてすぐに逃げ出したよ。ちょっとの間は後を付いてきたけど、やがて聞こえなくなったんでホッとした。ほごえとか完全に信じてる訳じゃないけど、もうあの辺では野宿は出来ないなぁ」

 

難しそうな表情で、彼はそう言っていた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ