叩けば直る?

初期頃の電化製品は、

 

接触不良による故障が

多発していた。

 

テレビは真空管を使用していた為、

特に多発し、

 

同様に古い電化製品は、

 

摩擦などによる接触不良が

多かったと言われる。

 

内部に溜まった埃や塵が、

その原因である場合が多く、

 

叩いて振動を与えれば、

 

埃などが落ちるので

直ることもあった。

 

現在も電化製品の修理の際には、

まず内部の清掃をする。

 

これで直ることも珍しくない。

 

また、昔の電化製品は、

内部の構造が単純だった為、

 

衝撃により接触不良箇所が

一時的に改善されることもあった。

 

すなわち、

 

どんな故障でも「叩けば直る」

というわけではなく、

 

特に気密性の高い

現在の電化製品では、

 

効果はほとんど期待出来ない。

 

現在の電化製品などは

衝撃を与える行為で、

 

本来正常な部分にまで不具合を

発生させる可能性もあるので、

 

注意が必要である。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ