普段の景色に何気なくある違和感

かかし

 

その昔、祖父から聞いた話。

 

もう祖父は他界しているが、存命の時によくサシで酒を飲むことがあった。

 

片目は失明していたが、大病もせず元気だった。

 

なにより人柄がとても良かった。

 

祖父は話好きで、よく本当か嘘か分からない話をしてくれた。

 

その中でも印象に残っている話を紹介しよう。

スポンサーリンク

死神にでも魅入られていたのかね?

// ここから祖父の話 //

幽霊とか呪いとか、そういう類のものは基本として目に見えないだろ?

 

でも俺が一番畏怖するものは、『普段の景色に何気なくあるもの』なんだよ。

 

※畏怖(いふ)

恐れおののくこと。

 

例えば、散歩する時には景色を見ながら進むわけだ。

 

その時にいちいち、ここに看板があって、あそこに花が咲いていて、家が何軒あって・・・とかは、わざわざ確認して歩かない。

 

なんとなくぼやっと視界にある。

 

だがそれだけで十分に散歩は出来る。

 

しかし、そこになんとなく異物というか、あるはずもないものが目に映ると確認してしまうわけだ。

 

例えば、いつもの散歩道で昨日まであった建物が壊されているとか、通り道に大きな冷蔵庫が捨てられているのを見るとか。

 

でもそういうのは慣れてくる。

 

一週間後には、それらも景色の一部として認識出来てくるだろう。

 

でもどれだけ経っても違和感が拭えないものがあるんだ。

 

俺の場合は『カカシ』だったんだよ。

 

ある日、田んぼにちょっと気味悪いカカシが立っていた。

 

最初は、「何だこれ?気味悪いなぁ」と思った。

 

でも何度見ても慣れないんだよ。

 

それどころか、ますます気味悪くなってくる。

 

景色にそのカカシがある事が生理的に受け付けなくなってくる。

 

そうすると、夢にまで見るのな。

 

それで不思議な事に、視界の端に映るようになる。

 

嘘だと思うだろ?

 

でも本当なんだ。

 

一回や二回なら見間違いだろうと思う。

 

だけど日に何回も見るようになってな。

 

それで病院に行くと、ほとんど右目の視力がなくなっていたわけだ。

 

手術したけどダメだった。

 

俺の目は死神にでも魅入られていたのかね?

// 祖父の話はここまで //

 

祖父の片目の視力がないのは知っていたが、そんな理由だったのか・・・と思うほど俺も幼くなかった。

 

だが、その話は何故かすごく印象に残っていて、当時は少し怖かった。

 

最近その事を祖母に聞いてみたら、「あの人、目は昔から悪かったよ。本ばっかり見て、瓶底みたいな眼鏡を掛けとった。その言い訳だろう。都合の悪い事は全部不思議話に持っていく人だったからね」と、いくつかエピソードを披露してくれた。

 

祖父から聞いた話はほとんど荒唐無稽であったが、嬉しそうに話すばあちゃんを見ると、ちょっとじいちゃんが恋しくなった。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

【特集】怖い話ランキング

2018年に投稿した怖い話の中で、閲覧数の多かった話を『20話』ピックアップ!
【特集】2018年・怖い話ランキング20
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ