あいつからの最後のメッセージ

携帯電話

 

俺は、2011年に発生した東日本大震災で友達を亡くした。

 

震災の少し前にその友達と町で遊んでいた時、不意にソイツが携帯のカメラで俺を撮った。

 

「おもしれぇ~顔(笑)」とか言いながら。

 

そして、あの日。

 

お昼過ぎにソイツからメールの着信があった。

 

しかし俺は忙しかったので、中身を見るのは後でいいやと思っていたらデカイ揺れが来た。

 

その後の混乱はみんなも知っての通り。

 

俺の住んでいた町は壊滅的な被害を受け、ソイツは行方不明に。

 

たぶん、波に飲まれたんだと思う。

 

遺体は見つかっていない。

 

震災からしばらく経って、ようやく落ち着いた頃に、あのメールの事を思い出した。

 

震災後に家族や知人とやり取りした何十通ものメールの中に埋もれていた、アイツからの最後のメッセージ。

 

タイトルは『あんときの』。

 

本文は無くて、写真が1枚添付されていた。

 

ちょっと驚いた感じのマヌケな顔をした俺。

 

背後には、もう思い出の中にしかない生まれ育った町並み。

 

確かに、あんときに撮られたやつだ。

 

そして、俺の隣で楽しそうに笑っているアイツ。

 

なぜか2人で写っていた。

 

不思議と思うより先に、俺は泣いた。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


コメントを残す

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ