幽霊でも人を殴っちゃいかんね

殴る

 

これは、俺が小学4~5年生だった頃の話。

 

ある日のこと、母と近くのスーパーに買い物に出かけた。

 

すると、近所のおばちゃんにばったり会った。

 

そこからは、母とそのおばちゃんの立ち話が始まった・・・。

 

おばちゃんの立ち話は長いのだ。

 

俺は手持ち無沙汰となり、母の目の届く範囲でぶらぶらしていた。

スポンサーリンク

シンジラレナーイ!

近くには交差点があり、ふと見ると、なんだか影が薄い若い女の人がいる。

 

“影が薄い”というのはあくまで第一印象で、顔ははっきりと見えなくて、黒いモヤのようなものが女の人の周りに漂っている感じがした。

 

変な人だな~と思った俺は、さらによく見てみた。

 

すると、その女の人は半透明だった。

 

女の人の向こう側にあるブロック塀が見えているのだ。

 

俺は急いで母のところに戻り、「かーちゃん、あの女の人、変じゃない?」と指差した。

 

母は立ち話に夢中だったが、俺の指を差している方を見るや、「はあ?誰もいないじゃない?」と言う。

 

そして母は、また立ち話を始めた。

 

それ聞いた俺は、なぜかテンションが上がってしまう。

 

「やべぇー!本物の幽霊なんて初めて見たー!」と。

 

俺はその幽霊だろう女の人の近くに行き、顔まで30センチくらいのところまで大接近してみた。

 

しかし顔をじろじろと見ていても、女の人はじーっと地面を見つめて俯いている。

 

顔の前で手をひらひらさせても、ずっと俯いたままで何の反応もない。

 

調子に乗った俺は、映画やドラマでよくある“幽霊の体を通り抜ける”というのをしたくてウズウズしてきた。

 

そして、まず手を通してみようと思い、女の人の顔をめがけて軽くグーパンチをくりだした。

 

・・・が、なぜか俺のグーパンチは女の人を通り抜けなくて、ほっぺたにクリーンヒットしてしまった。

 

『あっ、やべぇ!』と思った時にはもう遅くて、俯いていた女の人がギギギ・・・という音がしそうなくらい、ゆっくりと俺を睨んできた。

 

そして次の瞬間、女の人は「ナニスンノヨ!シンジラレナーイ!」と大絶叫した。

 

俺はパニックになり、『やべぇ!生きてる人だったんだ!怒られる!』と思う。

 

女の人は静かに俯いていたさっきまでとは一変し、「シンジラレナーイ!ムカツク!」と叫び続ける。

 

母にも聞こえて『これは怒られるな』と思うが、母の方を見るも相変わらず立ち話に夢中だった。

 

『あれ?かーちゃん気付いてない?』と、もう一度女の人の方を見ると、居なくなっていた。

 

さっきまで大絶叫していたのに。

 

その後、『あー良かった。やっぱり幽霊だったんだ』と思った俺は、立ち話を終えた母と買い物に行った。

 

後日、同じ場所を通りかかった時、あの女の人がいた。

 

この前と同じように、影が薄くて半透明な状態で。

 

俺は思わず「あっ・・・」と声を出すと、女の人はチラッとこっち見て、「ちっ」と舌打ちをして足元からゆっくりと消えていった。

 

幽霊でも人を殴っちゃいかんね、びっくりするから。

 

(終)

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事


One Response to “幽霊でも人を殴っちゃいかんね”

  1. 匿名 より:

    影の薄い若い女の人

    このタイトルの話と同じ内容じゃないかな?

匿名 にコメントする

スポンサーリンク
サブコンテンツ

月別の投稿表示

カレンダー

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
特定のキーワードからサイト内の記事を検索するには、すぐ下の「検索窓」からキーワードを直接入力してご利用ください。
アクセスランキング

このページの先頭へ